TOEIC

【知る人ぞ知る】TOEICの模試が受け放題の”E-Test”がオススメな人を教えます

TOEIC

TOEICの模試を解きたいけど、参考書をたくさん買う余裕はないな、、お得にTOEICの模試をいっぱい受けられるサービスがあればいいんだけど。

こんなお悩みを解決します。

今回は、TOEICの模試が一定額で受け放題になる”E-Test”というサービスについて徹底解説します。

「TOEICの模試をたくさん受けて、実践形式の練習をしたい」とお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

E-Testの申し込み方法についても詳しく解説しているので、あわせてチェックしておきましょう。

\1模試あたり約36円/

>>E-TestでTOEIC対策をする

はじめに:E-Testの基本情報

まずは簡単に、E-Testの基本情報について見ていきましょう。こちらの表をご覧ください。

サービス形態オンラインTOEIC模試
料金月額2,200円
入会金なし
問題数3,000問
支払い方法クレカ/コンビニペーパーレス決済

このように、E-TestはオンラインでTOEIC模試を60回分も受けられるサービスです。

ささみ
ささみ

月額2,200円(税込)から始められるため、短期集中ですることをおすすめします。

E-Testを使う目的【TOEIC模試を効率的に解く方法】

ここまでの説明でE-Testについて理解してもらえたと思うので、次の話題に進みましょう。

ここからは、E-Testを使って効率的にTOEICのスコアアップを目指すには、どのように使えばいいのかを解説します。

結論からお伝えすると、E-Testは短期集中で模試をたくさん解くために使うのがオススメです。

なので、まずはTOEICの公式が出している「公式問題集」などの模試系参考書を活用して、TOEICに必要な英語力を身につけましょう。

E-Testはオンライン模試が受け放題なので、たくさんアウトプットできますが、解答・解説がないため、復習をすることができません。

英語力を固めた上で、最後の追い込みとして、E-Testを使うのがオススメです。

料金:E-Testはお得にTOEICの模試が解ける月額制サブスク

次に、そんなE-Testの料金形態についてみていきます。

支払い方法によって、同じプランでも料金が変わってしまうので、注意しましょう。

クレジットカード決済の場合は、1ヶ月あたり2,200円(税込)です。

一方、コンビニペーパーレス決済の場合はこんな感じになります。

1ヶ月2,750円(税込)
3ヶ月7,700円(税込)
6ヶ月14,300円(税込)
12ヶ月26,400円(税込)

料金を他の模試系参考書と比較した表があるので、こちらをご覧ください。


E-Test
公式問題集
新形式精選模試
料金2,200円〜(税込)3,300円(税込)4,180円(税込)
1模試あたりの料金約36円1,650円836円
難易度普通難しいかなり難しい
品質普通かなり良いかなり良い
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

E-Testは月額2,200円で模試を60個受けられるので、料金的には一番お得です。ただ、何度も言うように、解答・解説がついてこないというデメリットもあるのも事実。

解説が詳しい模試を解きたいなら、模試系参考書を買いましょう。おすすめはこちらの【厳選】TOEIC対策におすすめの模試ランキング&比較で解説しています。

コスパ良く、最後の追い込みとしてTOEICの模試をたくさん解きたい方は、利用を検討してみてもいいかもしれませんよ。

評判:E-Testの口コミは?【いい評判と悪い評判を比較】

次に、E-Testにまつわる口コミを見ていきましょう。

ここまで読んでいて、E-Testを始めてみたいとお考えの方も少し待ってください。

実際に利用している方の口コミは、公式HPに書いていないリアルな声が聞けるため、かなり参考になります。

なので、この評判を見た上で、自分に合ってそうだと思えば、E-Testに申し込みましょう。

ささみ
ささみ

そうすれば、後悔せずに、TOEICの目標スコアを取ることに注力できますよ。

では、まずは良い評判から見ていきましょう。

E-Testの良い評判・口コミ

①:レベル別でスコアがわかる
②:好きなタイミングで受けられる
③:ボキャブラリーテストがある

ひとつずつ見ていきましょう。

①:レベル別でスコアがわかる

E-Testは、レベル別で模試を解くことができ、時終わるとすぐにスコアがわかることが多くの方に評価されています。

また、パート別でスコアがどれくらい取れているかがわかるので、自分が苦手なパートに特化して勉強することが可能です。

ささみ
ささみ

効率的に勉強でき、時短になりますよ。

各パートの勉強法はこちらの記事で詳しく解説しています。

>>【有料級】3ヶ月でTOEIC800点越えが目指せる勉強法をパート別で解説

②:好きなタイミングで受けられる

また、E-TestならTOEICの模試を好きなタイミングで受けられることがメリットとして挙げられます。

模試を1つ解くのにかかる時間は、たった30分。さらに、スマホだけでなくiPadやパソコンでも受けられるため、ちょっとした時間にも模試を受けることができるんです。

ささみ
ささみ

電車に乗っている移動時間なんかにやってみたいですね。

本来なら2時間のフルタイムで受けるべきTOEICですが、そのハードルはかなり高い。そのせいで、「2時間も解く時間がないなら、やらないでおこう」とTOEICから逃げる理由を作ってしまっています。

ただ、安心してください。E-Testはそのハードルをかなり下げてくれているので、めんどくさがり屋さんの人にもオススメですね。

③:ボキャブラリーテストがある

また、E-Testは模試だけでなく、語彙力の確認ができる「ボキャブラリーテスト」を受けることができます。

TOEICでは、単語力がスコアアップに非常に重要な役割を果たすため、一問一答の形式でアウトプットできるのはいいですね。

ささみ
ささみ

ただ、単語力を身につけるならそれ専用に単語帳を買いましょう。僕は「金フレ」一択です。

次に、E-Testの悪い評判を見ていきましょう。

E-Testの悪い評判・口コミ

①:設問の数が少ない
②:本番の問題形式と違う部分がある
③:解答・解説がない

ひとつずつ見ていきましょう。

①:設問の数が少ない

まず、設問の数が少ないという悪い口コミがありました。確かに、E-Testは問題数は3,000問と豊富なのですが、1つの模試には50問しか出題されません。

TOEICの本試験では2時間で200問を解かないといけないことを考えると、”本番さながら”に模試を解くことはできないんです。

もちろん、前述したように、問題数が少なく時間が30分しかないことがプラスに働くこともあるので、みなさんの目的次第でE-Testを使っていただければと思います。

②:本番の問題形式と違う部分がある

次に、本番のTOEICの問題形式と違う部分があるという口コミもありました。

ささみ
ささみ

これはかなり深刻な問題ですよね。

具体的には、Part4とPart6に相当する問題がないと言われています。

両者の問題の特徴をそれぞれ知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>>【先読みが大事】TOEIC Part4の対策と解くときの3つのコツ

>>【なぜやらない?】TOEIC Part6の対策と勉強法

つまり、こういった部分でも本番と同様に模試を受けることはできないようです。

TOEICも問題形式や難易度がコロコロ変わるので、E-Testがその変化に対応しきれていないのかもしれません。

③:解答・解説がない

最後に、E-Testの模試には解答・解説がついてこないというデメリットがあります。

模試は解くよりも復習することの方が重要なので、E-Testの大きなマイナス点です。

もちろん、問題をたくさん解くという目的で利用するならE-Testは優秀ですが、英語力をしっかり鍛えていきたいという方にはオススメできません。

ささみ
ささみ

模試を解いた後の復習が、スコアアップに一番効果があるので、まずは量より質で模試を解くことをオススメします。

以上が、E-Testに関する利用者の口コミでした。

「E-Testを利用すれば、TOEIC高得点が必ず取れる!」とは、口が裂けても言えませんが、大量にTOEICの模試を受けておきたい人に合うサービスであることに間違いありません。

次に、E-Testへの申し込み方法を解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

E-Testの申し込み方法を解説【簡単3STEPです】

ここからは、E-Testへの申し込み方法を解説します。申し込みは約3分で完了するので、今すぐにでも始められますよ。

では、E-Testへの申し込み方法3STEPがこちら。

①公式HPにアクセス
②「お申し込み」をクリック
③お申込みフォームに必要事項を入力

では、ひとつずつの手順を丁寧に解説していきますね。

①公式HPにアクセス

まずは、下のリンクから公式HPにアクセスしましょう。

>>E-Testの公式HPへジャンプする

この青字の部分をタップしてもらえれば、別タブで開かれるので、この記事を見ながら作業を進めることができますよ。

②「お申し込み」をクリック

公式HPに移動したら、紫色の「お申し込み」という部分をタップしてください。

③お申込みフォームに必要事項を入力

そしたら、お申込みフォームが現れるので、そこで以下の項目について必要事項を入力してください。

  • ユーザー名
  • パスワード
  • メアド
  • 名前(本名)
  • 名前(カナ)
  • 電話番号

そして、下にある利用規約に同意して、送信をタップしましょう。

この後に、支払い方法を選択して申込みすれば完了です。

ぜひ、この説明を読みながら「E-Test」に申し込んでみてください。

ささみ
ささみ

1ヶ月だけの短期集中で申し込めば、2,200円だけで模試がたくさん解けますよ。

\入会金・解約金は0円/

>>E-TestでTOEIC対策をする

まとめ:E-Testのオンライン模試でTOEICの問題形式に慣れておこう

今回は、オンラインのTOEIC模試が受け放題のE-Testについて解説しました。

人を選ぶサービスではありますが、1ヶ月限定で利用できることも考えると、短期集中でアウトプットに注力したい人はぜひご利用ください。

\1模試あたり約36円/

>>E-TestでTOEIC対策をする

他にも、当ブログではTOEIC高得点(800〜900)を取るための勉強法などを発信しています。

ぜひご覧ください。

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました