TOEICTOEIC パート別解き方

【先読みが大事】TOEIC Part4の対策と解き方の3つのコツ

TOEIC

TOEICのリスニングが苦手だな…特に、Part4はなかなか聞き取れないし、聞き取れても設問が難しい。何かいい解き方を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

今回は、Part4を解くときの3つのコツを解説します。

TOEICはパート別に適切な解き方というものが存在します。そのため、それらを事前に知っておくことは非常に大切です。

解くときの思考プロセスについても解説しているので、あわせてチェックしておきましょう。

TOEIC Part4の問題形式・傾向・特徴は?

まずは、Part4の全体像を簡単に押さえておきましょう。

Part4は1人のスピーカーの音声を聞くリスニング問題で、各問題に対して設問が3つあります。

問題数は全部で10問なので、計30問です。

Part4の全体像はこんな感じ。

では、Part4にはどういった特徴があるのか見てみましょう。

Part4の問題の特徴

その①:スピーカーが1人
その②:シチュエーションが多様
その③:設問にパターンがある

次、Par4を解くときの思考プロセスについて解説します。

ささみ
ささみ

解く手順を体に染み込ませておくことで、本番でも落ち着いて100%のパフォーマンスを発揮することができます。

TOEIC Part4を解くときの思考プロセス【簡単3STEP】

結論から言うと、Part4を解くときの思考プロセスはこちら。

Part4の思考プロセス3STEP

①設問・選択肢を先読み
②音声を聞く
③答えがわかったらすぐにマーク

大まかな思考回路はこんな感じです。

すでに気づかれている方もいるかもしれませんが、Part3の考え方と全く同じです。

>>【先読みが最強です】TOEIC Part3の対策と解き方の3つのコツ

Part3同様、第1ステップの「先読み」が一番大事です。

この手順で頭と手を動かせるように、模試で何度もアウトプットしてください。

そうすれば、本番の試験で緊張していても焦ることはなくなります。

しかし、これだけではまだ具体的なコツはわかりません。

次の項目では、Part4を解くときのコツを解説するので、要チェックです。

TOEIC Part4を解くときの3つのコツ・ポイント

ここからはPart4を解くときのコツを解説していきます。

Part4を解くときの3つのコツ

その①:問題文を先読み
その②:場面・状況を想像
その③:パラフレーズに注意

では、ひとつずつ見ていきましょう。

その①:問題文を先読み

1つ目は「先読み」に関するコツです。

何度も言っているように、Part3・4は先読みが非常に重要な作業となっています。

しかし、問題文が流れるまでの短い間に問題文や選択肢を読むことは簡単なことではありません。

そこで、誰でも効果的な先読みができるようになる方法を解説します。

ポイントはこちらの3点。

先読みするときの3つのポイント

①:設問も選択肢も全て読む
②:時短のため不必要な部分はカット
③:設問のパターンを覚える

①:設問も選択肢も全て読む

結論からお伝えすると、先読みは設問だけ、選択肢だけを読むだけだと不十分です。

このように教えている参考書やサイトもありますが、本当に正答率を上げたいなら全部読みましょう。

全部読む方がいいのはわかるけど、そんな時間はありません。

このような疑問を抱かれるかもしれませんが、読み方を工夫することで設問・選択肢の両方を読むことを可能にしています。

その方法を次のポイントで解説します。

②:時短のため不必要な部分はカット

ここでは、具体的な先読み方法を解説します。

やり方は至ってシンプルで必要な部分だけを瞬間的に読んでいく方法です。

例えば、以下のような問題があると仮定します。

Why does the speaker go to the gym?

(A)To contact some colleagues
(B)To give an attention
(C)To complain about a cost
(D)To show the budget

このタイプの問題は読む量も多いため、全部読むのはしんどいですよね。

でも、よく見てみてください。

このたくさんの英語の中で意味がある語は一体いくらあるでしょうか。

問題文の「Why does the speaker go to the gym?」に関しては「Why・speaker・go・gym」の4つです。

また、全ての選択肢の最初に不定詞の「To」があります。ということは、読まなくてOK。

こんな感じで時短していくんです。

たったそれだけ? と思われるかもしれませんが、この作業はバカにできません。

実際に僕が先読みするときに読んでいる部分は結果的にこれだけです。

Why does the speaker go to the gym?

(A)To contact some colleagues
(B)To give an attention
(C)To complain about a cost
(D)To show the budget

これだけが浮かび上がっているなら、限られた時間でも読めそうじゃないですか。

このように不要な部分は読まない工夫をして時短すれば、誰でも全問題を先読みすることは可能です。

③:設問のパターンを覚える

先読みを早くするためのポイントとして、設問パターンを覚えることも重要です。

設問にはいくつかのパターンがあるため、それを押さえておけば、問題文を全て読む必要もなくなります。

覚えると言っても、必死に暗記する必要もありません。模試を解いていくうちに、感覚的に慣れていきましょう。

以上が、Part3の1つ目のコツである「先読み」でした。

その②:場面・状況を想像

2つ目の解き方のコツは、場面を想像することです。

場面とは、話されている状況のこと。

そんな場面を想像するには「5W1H」を意識することをおすすめします。

5W1Hとは?

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰が)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どうした)
  • これらを意識することで、英語が話しているのは1人でも、場面が想像しやすくなります。

    Part3は複数人による会話のため。場面の想像は比較的簡単です。

    また、場面を想像する手がかりは最初の1文目に隠れている可能性が大です。なので、聞き漏れがないよう、特に最初は最新の注意を払ってリスニングしましょう。

    その③:パラフレーズに注意

    最後、3つ目の解き方のコツは「パラフレーズに注意する」ということ。

    パラフレーズとは、ある単語を同じ意味の別の単語に言い換えることです。

    TOEICではとにかくこのパラフレーズがよく出てきます。

    例にも漏れず、Part4も正解の選択肢がパラフレーズされてる場合が多々あるので、要注意。

    なので、音声の中で出てきた単語が選択肢になくても、「パラフレされていないか」と疑うようにしましょう。

    パラフレを覚える方法は、模試をたくさん解いて、単語を覚えていくしかありません。

    公式問題集でもたくさんのパラフレに出会えます。

    僕はそれらを逐一、オリジナル単語帳にメモして覚えていました。

    >>【3ヶ月で800点取れる】TOEIC用”オリジナル単語帳”がおすすめな理由【写真付きで解説】

    暗記アプリなどを使うのも効果的です。

    ささみ
    ささみ

    とにかく、知らなかったパラフレを地道にひとつずつ覚えていくのが一番効率がいいので、焦らず頑張りましょう。

    以上が、Part4を解くときのコツでした。

    TOEIC Part4の対策ができる勉強法は?【結論:シャドーイング】

    ここからは、Part4を対策するための勉強法を紹介します。

    ここまで紹介してきたのはあくまで、英語力があってこそ生きるテクニック。しっかり模試を解いて、復習して英語力を身につけていきましょう。

    では、Part4を対策するために何を勉強したら良いのでしょうか。

    結論から言うと、Part4対策には「シャドーイング」がオススメです。

    ただ、やみくもにシャドーイングをしても効果はありません。正しい手順に沿って行うことが大切です。

    こちらの記事では、TOEIC885点を取るまでに辿り着いたオリジナルのシャドーイング方法を解説しています。

    >>【知る人ぞ知る】TOEIC Part4の対策と勉強法

    全てで10STEPあるため、超しんどい勉強法です。

    しかし、実践していただければPart4だけでなく、リスニングパート全体のスコアアップが狙えるので、参考にしてください。

    まとめ:Part4の対策は全てにつながるので、コスパ◎

    今回は、Part4の解き方のコツから対策方法までを解説しました。

    リスニングが苦手な方はPart4は嫌いかもしれませんが、今回紹介した解き方と勉強法を実践すれば、誰でもスコアが上がります。

    ささみ
    ささみ

    Part4はシンプルなリスニング問題なので、英語力を身につければ、コンスタントに高得点が狙えますよ。

    また、こちらの記事ではTOEICの勉強法をパート別にまとめているので、ぜひご覧ください。

    >>【有料級】3ヶ月でTOEIC800点越えが目指せる勉強法をパート別で解説

    今回は以上です。

    タイトルとURLをコピーしました